ゼロ・エネルギー住宅 ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 消費エネルギー0ゼロ以下へ 太陽光発電システムを取り入れ、エネルギーの自給自足を目指します。

ゼロ・エネルギー住宅 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

高い断熱性や住宅設備機器の省エネ性により、消費するエネルギー量を減らし、消費した量と同量以上のエネルギーを太陽光発電システムで作りだし、あまった電気はしっかり貯めるのがゼロ・エネルギー住宅。これからの住まいづくりのゴールともいわれ、2030年には、一般的な新築住宅をゼロ・エネルギー住宅にすることが政府の目標とされています。

使うエネルギー-住宅の省エネと創るエネルギー≦0 ゼロ・エネルギー住宅

”ゼロ・エネルギー住宅。ZEH(ゼッチ)とは、1年間の消費エネルギーがゼロ、またはゼロ以下の住宅です。”

ゼロ・エネルギー住宅を建てるには?

夏の暑い外気や、冬の冷気を室内に入れない家の断熱化によってエネルギーのロスを防ぎます。

高効率給湯器、高性能エアコン、LED照明、節水水栓、食器洗浄機などの採用により使うエネルギーを減らします。

昼間は太陽光発電システムで発電した電気を使い、あまった電気は蓄電器にためて夜に使う。
さらに、あまった電気を電力会社に売ることもできます。(蓄エネ)

ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)には、補助金が出ます。
国は補助金を出し、ゼロ・エネルギー住宅の普及を促進しています。補助金の条件については、分かりやすくご説明しますのでお気軽にお問い合わせください。

ゼロ・エネルギー住宅のイメージ

ゼロ・エネルギー住宅のイメージ

ゼロ・エネルギー住宅にすると、こんなに省エネが実感できます。

高効率な給湯機器を設置すると電気代が年間約51,600円削減。ガス代は、18,000円削減

高効率エアコンを設置すると電気代が年間約7,460円削減

LED照明を設置すると電気代が約61%OFF

節水水栓にすると年間約34,100円節約。食器洗浄機にすると年間約25,700円節約。

わたしたち水郷の家が提供する”ゼロ・エネルギー住宅”とは?

太陽光発電システムを取り入れた 省エネ・創エネ・畜エネの住まいを提案します。

昼間は太陽光発電システムで発電した電気を使い、あまった電気は蓄電器に貯めて夜に使う。そもそも、家が省エネ住宅なので使うエネルギーも少なく、あまった電気は電力会社に売ることもできる。そんな環境にもお財布にもやさしい夢のような生活を提案します。

太陽光発電事例1 太陽光発電事例2

建てる時から省エネになる断熱性能の高い木材。木の特徴を生かした住まいを提案します。

冬場に、鉄やコンクリートにふれるとヒヤッと感じ、一方、木材は温かく感じます。木材にふれたときに温かく感じるのは、木材がほかの素材に比べて熱を伝えにくい性質を持っているからです。その性能はコンクリートの約12倍にもなり、その性質が夏涼しく、冬暖かい木の家の快適さに一役買っています。

木材

熱伝導率の比較

「熱伝導率」とは、熱の伝わりやすさを表します。数値が高い方が熱が伝わりやすくなります。そのため、スギが0.08なのに対し、コンクリートはその約12倍、鋼材はなんと約480倍にもなります。

木材が熱を伝えにくいのは、木材に無数の穴があいていて、そのなかに熱を伝えにくい性質を持っている空気を多く含んでいるからです。

熱伝導率のグラフ
お問い合わせ・資料請求・お見積り 0299-62-3235
メールの方はこちら
ページTOPへ