建築事例


光と風の家 

香取市 I 邸

外張り断熱工法の高気密・高断熱住宅仕様です。
軒の出を贅沢に出すことにより、夏の暑さを遮りながら日影の冷たい空気を室内に取り入れます。
逆に冬場は太陽の高さが低いため、軒の出が深くても日光を室内まで取り入れます。
こうした工夫をし、過ごしやすく快適に暮らせる住まいを提案させていただきました。



最初の儀式…地鎮祭

(工事の無事を祈る儀式)

上棟式

(柱や梁(はり)など骨組みができて棟木( むなぎ)を上げること)


軒の出が夏の暑い日差しを遮熱します。

玄関ポーチとデッキ部分を結合しました。

軒が出ているので

突然、雨が降っても安心。



本来は、屋根裏としてデッドスペースになる所ですが、部屋の空間として開放感をもたせ、勾配天井に仕上げました。

キッチン側面には

収納棚を設置しました。






お問い合わせ・資料請求・お見積り 0299-62-3235
メールの方はこちら
  • 住宅を建てたい方トップページ
  • 家づくりへの想い
  • 建築事例
    • 建築の流れ
    • よくある質問
    • お問い合わせ
    ゼロ・エネルギー住宅 ZEH(ゼッチ)の家 消費エネルギー0ゼロ以下へ
    ページTOPへ